交通系ICカードの購入方法と払い戻し方法について説明します!|SUICA,ICOCA,PITAPA等

電車やバスの値段は、その地域によってまちまちで、外国人にとっては切符を買うのはとても面倒だし難しい。また、切符の購入に時間がかかります。
日本に1泊2日程度の短時間滞在の場合であっても、SUICAやICOCAなどの交通系ICカードを買うことを全力でおすすめします。このカードを買うのに時間はかかりません!
なお、東京エリアで買うのであれば、クレジットカードでも買うことができる訪日外国人用ICカード、「WELCOME SUICA」が最もおすすめです!
2019年9月から販売が開始されており、クレジットカードで買えたり、預り金や払い戻しなどの面倒な手続きがいりません。
気になる人は以下のページで確認して下さい。


[kanren id=”2774″]

購入方法

各駅の券売機で買えます。カードの名前は地域によって違いますが、買い方などは共通していますので、これを見て参考にしてください。今回は、東京エリアのSUICAの券売機で説明しています。

これは最も一般的な券売機です。右からICカードの現金追加専用機、切符が買える券売機、そしてなんでもできる券売機の順となります。残りの2個は新幹線や特急専用の券売機です。クレジットカードも使えます。全ての券売機で買えるわけではないとだけ覚えておいてください。次からは実際の購入画面です。

これは右下の初期画面です。右上のボタンを押して言語を変更します。今回は英語を選択しています。(この画面じゃない場合、左のタブからICカードの絵があるボタンをクリックすればこの画面となります。)

真ん中のボタンのSUICAを購入してください。

必要な金額を選択します。

前料金として500円とられます。これは、後で説明する払い戻しの際に戻ってきます。

現金を入れれば、現金の金額が内蔵されたSUICAが出てきます。これで完了です。

もっと沢山のお金を入れたい場合は、このICカードを券売機に入れて金額を選択すれば入れることが出来ます。

払い戻し

払い戻しは、各駅の窓口にて行うことが出来ます。

”HARAI-MODOSI”

と言えば駅員が手数料220円を差し引いた金額を返してくれます。ただし、ICカードの地域外では払い戻しが不可能です。ICカードの地域は以下の通りです。

http://www.tokyubus.co.jp/top/news/icsougobig.pdf

(元サイト:https://card.kinri.jp/pay/hikaku/ic-card-hikaku.html)

「交通系ICカードの購入方法と払い戻し方法について説明します!|SUICA,ICOCA,PITAPA等」への2,183件のフィードバック

  1. Hey there! I’ve been reading your blog for some time now and finally got the bravery to go ahead and give you a shout out from Kingwood Texas! Just wanted to tell you keep up the excellent job!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top